読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

LIFE

1978年生まれ 夫 猫 海外生活

凍結胚盤胞移植

はじまりました、凍結胚盤胞移植。

DAY 1  生理開始。クリニックに電話。

DAY10 血液検査。

DAY12 2回めの血液検査。

ここからが面白いのがこのクリニック。

自分で排卵検査薬をして、その結果を写メでクリニックに送るのです。

さすが、海外!!

DAY13から、排卵検査薬をはじめて、

DAY15で陽性。

DAY16は陰性。この日合わせて5日後に移植日が決まりました。

移植の数日前に念のため、鍼に行き、当日も、移植後に予約を入れました。

前日は、やっぱり勝つでカツ丼。

職場に迎えに来てくれた旦那さんと、綺麗な公園通って素敵な夕日見ました。

ちょっとロマンチックでしかも、旦那さんが、こんな子育てしたいなって話してくれて

嬉しかったです。

DAY20 いよいよ移植。この日の朝から、プロゲステロン400mgの膣剤

一日2回がはじまります。

水分をとって、尿をためて欲しいとのこと。

ちょっと溜めすぎたのか、漏れそうでした。

スクリーンに、受精卵が写りました。すごく良いとのこと。

ここのクリニックは、移植する先生は担当の先生ではなく、その日の担当の先生。

誰なのか、不安でしたか、女性の先生でした。なーんとなく挿入に

手間とってるんじゃないか?と不安になりましたが、無事に終了。

これからは、あなたが育てる番よって言ってくれました。

その後、少しだけ椅子に座って休憩しようと思ったけど、

膀胱ぱんぱん。待ちきれず、トイレに直行。

鍼に行き、大好きな小籠包を食べに行きました。

腰がズンズンする感じと、膣剤のおかげか、なーんとなくぽかぽかするかな。

BT1 コーヒーを買いにウオーキング。

腰がズンズンする感じ。薄いピンクのおりものありました。

BT2 ちょっとツーンとする感じ。腰痛み収まったかな。

BT3 少々ズンズン。白いおりもの?不安になる。

旦那さんと義理兄とご飯。男たちの話は何喋ってるかわかんなーい!

お酒は飲めないな。でも、焼き鳥は美味しかったです。

BT4 ズンズン。目のまわり、ポッポする感じ。かなりの生理前な感じ。

友達とご飯食べに出たけど、集中できず。

気持ちはかなりあきらめモード。だって、体が生理前なんだよ。やだ。

BT5 ご機嫌斜めでイライライライラ。

BT6 足の冷え気になったけど、動けば大丈夫。

やっぱりあきらめモード。明日、フライングやります。スッキリしたい。

やってやる。

BT7 フライング検査。

出た、線が出た!!!!

浮かれるな。まだ、薄っすらだから。でも、着床したんだ!!